気持ちよいリスタートの為に

CHOICES

離婚に踏み切るもとどまるも相談から

VIEW DETAIL

離婚がよぎったら真っ先にする相談相手とは?

VIEW DETAIL

離婚のプロフェッショナルに任せましょう

VIEW DETAIL

安心して弁護士と二人三脚で

一時的な気の迷いではなく、本気で離婚しようと考えた場合には、離婚専門の弁護士が心強い味方になります。できれば、配偶者に離婚を切り出す前に一度相談すると良いでしょう。アドバイスを受けてから行動すると、スムーズに離婚できる可能性が高くなります。

勿論、どんなに事前準備をしても配偶者が離婚に同意しないこともあるでしょう。そんな時、最良の法的解決策を考慮しつつ良いアドバイスをくれるのが、弁護士です。ただし、弁護士によって得意分野や手がける事件の傾向があり、できるだけ離婚を数多く解決してきた弁護士を選ぶべきです。離婚専門弁護士は数多くの家事事件を扱っていることから、事例を蓄積し、解決策も豊富に用意しています。

相談する際には、時系列を記載したものを持参すると良いです。法律相談は30分5000円というように、法律事務所にもよりますが、基本的に時間によって相談料が変わります。決まった時間内にこれまでの経緯を言葉で説明し、対策を教えてもらうのは、なかなか困難です。相談することに慣れていないと、つい感情的になったり、聞きたいことを忘れてしまったりするものです。このようなことを防ぐために、箇条書きでも良いので、これまでの経緯、弁護士に伝えたいこと、聞きたいことなどをまとめてから相談するのです。

弁護士費用は、相談のみの場合は相談料、事件を依頼する場合には着手金と成功報酬が必要です。相談の際に確認しましょう。

転ばぬ先の離婚相談

離婚という言葉の出番が、昔よりも明らかに多くなってきました。昨今の日本では、3組に1組が離婚しているという計算になります。離婚ということ自体は喜ばしいことではありませんが、互いの関係性が不具合を起こしているままに我慢し続けるよりも、長い人生、一度キレイに婚姻関係を清算して、新たな道を歩み始めるというのも良いのかも知れません。
離婚すること自体は婚姻している2人の問題ではありますが、お子さんが居る場合や、持ち家などの財産がある場合は少し話が込み入ってきます。2人の婚姻を解消するという話だけでは済まされないという場合も非常に多いのです。それが万が一トラブルになってしまえば、せっかくの新たな気持ちが台無しになってしまいます。そうならない為にも、然るべきところに相談することが大切になってきます。
離婚の時も、いつでも大事ですが、常にトラブルが起こる前に相談するという心掛けが必要です。その相談をしているということだけで、トラブルを回避できる可能性は飛躍的に向上します。弁護士事務所や公的機関など、離婚に関する相談窓口は数多く設置されていますので、自分のケースと照らし合わせ、もしくは自分のケースはどういった展開があるのかを確認する為、相談窓口に足を運びましょう。